時間変更での応募について

採用の機会や選択肢を広げるため、パートナーが求人に応募をする際には、パートナー自身の勤務できる時間に変更して応募をすることができるようになっています。

パートナーが時間を変更して応募をした場合、【応募】時間の変更されている部分が赤文字になり、【調整あり】の表示が出ます。

これを採用すればパートナーの希望時間での勤務を了承したことになり、パートナーの希望時間で労働条件通知書が作成されます。

■採否の検討に当たって

パートナーの希望する勤務時間で採用をしても調整がつくかなど、事業所の状況などを踏まえて採否をご判断ください。

但し、給与が【日給】で設定されている場合は短縮された時間で採用をしても満額で給与計算されますので、検討に際してご注意ください。